トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  多能工化の推進(2017/09/15 13:00)

多能工化の推進

2017/09/15 13:00

カキーン! ウォー!!

暦の上では秋ですが、まだまだ

暑い日が続きますね。

皆さんは今年、夏らしい事

しましたか?

ちょっと前の話ですが、私は

母校が夏の甲子園に出場すると

いう事で観戦してきました(^^)/

やはり、甲子園に出場する選手たちは

レベルが高い!!

特に感じた事は、強豪校は守備も攻撃も

どちらも上手い(当たり前ですが)

そして、外野を守っていた選手が

ピッチャーに、ピッチャーをしていた

選手が外野を守る。

何が言いたいかと言いますと、

何種類のポジションもこなせる!

ということなのです!!!

仕事でも、複数の人が複数のことをこなす

多能工化だと、フレキブル

(柔軟性)な生産体制が

構築されます!!

今回のテーマはこれ

==========

多能工化の推進

==========

仮に小ロット生産や1個流し生産では、

工程間仕掛りを圧縮しているので、

作業者が欠勤するとその工程は・・・

生産がストップ!?

してしまいます。

しかし、1人の人が複数の仕事を

出来る様にしておけば、

いざという時困りません!

作業者の力】を有効に

利用することが重要です!!!

職場にとってのメリット

●常に1つの仕事を複数の人が

出来るので、休んでも

他作業者で対応出来る

●仕事の割り振りがしやすい

生産量に対応した人員配置が可能

●複数の人の目によるため

仕事の改善がしやすい

個人にとっても職場にとっても

メリットが多いのです!

多能工化をスムーズにするには

計画的にローテーション

組んで実施することが重要です。

作業者の理解度の現状・目標が

わかる多能工化訓練表で全員に

わかる様にします。

いかがでしたか?

訓練表を掲示し、みんなにわかる様に

することで、職場の中で競争し合い

お互いに助け合い結果レベルアップ

図ることに繋がるのではないでしょうか?

|ω・) チラッ

次回は

『改善提案制度の活性化/

小集団活動の活性化』

について紹介していきますね。

お楽しみに(^^)/

配信停止はこちら

[[cancelurl]]

バックナンバーはこちら

http://www.union-group.co.jp/merumaga/

認定経営革新等支援機関の詳細はこちら

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/

年3回まで無料!のミラサポはこちら

http://03auto.biz/clk/archives/jkxjhe.html

+━++━++━++━++━++━++━+

商品を産み出す構造を

常に今のあるべき姿にするユニオン

ものづくりで培った

経験とノウハウを活かし

現場と一緒に進める

“業務改善コンサルティング”

中小企業・小規模事業者の経営課題を

経営者と共に解決にあたり

業務改善で経営改善を成功に導く

『認定経営革新等支援機関 ユニオン電子工業』

HPはこちら

http://www.union-group.co.jp/

Facebookページでも情報発信中

https://www.facebook.com/iDealForm.union

+━++━++━++━++━++━++━+