トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  管理・監督者とOJT(2017/09/08 13:00)

管理・監督者とOJT

2017/09/08 13:00

ここ最近、朝晩の冷え込み

風邪をひきそうになる私です。

あべのハルカスに行ってきましたが、

展望台には登らず…

本題はこちら

長居陸上競技場へ

好きなアーティストのライブです!

演出といい演奏といい最高でした!

やはり、

メインのアーティストやミュージシャンの

最高のパフォーマンスもありますが、

陰で支える技術者やエンジニア、オペレーターが

あってこその演出!

それをまとめる監督者がいないと、

現場もまとまりません。

と、思いつつ、気合を入れ仕事場へ!

今回のテーマはこれ

=========

管理・監督者とOJT

=========

管理・監督者とOJT

(1)OJTとは

OJTとは、On The Job Trainningの略。

いわゆる職場内教育のことです。

部下が育てば業績も上がります。

良循環するのも悪循環するのも、

上司の職場内教育に対する考え方次第といえます。

図はOJTを実施するためのステップです。

OJTのメリットには次の項目があげられます。

①仕事に直接必要な知識や技能が修得。

②マンツーマン実施のため、

能力の現状や個性に沿っての教育。

③後継者が育成できます。

④修得に応じて継続、反復的に実施できます。

(2)OJTの注意点

①忙しくても時間をつくる

②上司がやってみせる、やらせてみて間違いを直す

③部下に任す

④タイミングよくほめる

上司にとって、ほめることは叱ることより難しいようです。

やる気を起こさせるためにはほめることは重要です。

次回は

『 多能工化の推進 』

をご紹介。

お楽しみに!

+━++━++━++━++━++━++━+

商品を産み出す構造を

常に今のあるべき姿にするユニオン

ものづくりで培った

経験とノウハウを活かし

現場と一緒に進める

“業務改善コンサルティング”

中小企業・小規模事業者の経営課題を

経営者と共に解決にあたり

業務改善で経営改善を成功に導く

『認定経営革新等支援機関 ユニオン電子工業』

HPはこちら

http://www.union-group.co.jp/

Facebookページでも情報発信中

https://www.facebook.com/iDealForm.union

+━++━++━++━++━++━++━+