トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  設備改善への取り組み(2017/04/21 13:00)

設備改善への取り組み

2017/04/21 13:00

台湾ラーメン、台湾に・・・

な~~~~い!!!!!

って皆さん、知っていましたか?

私は知っていましたが(笑)

こないだの続きで台湾の話に

なりますが、台湾では

【台湾ラーメン】ないんですよ!

ちなみに、台湾人(友人)に

『台湾ラーメンって

どこに行けば食べられるの?』と

聞いたら、

『何それ、おいしいの?』と

言われました。(笑)

台湾料理は、基本薄味なの

ですが日本人が好む味の

お店もあります。

ローカルの味を

楽しむのも

乙なもの

ですが、やっぱり日本で

慣れ親しんだ

もの味わいたい

だろう!?

というローカルの

方の取り組みも

あるのだとか!

今回のテーマはこれ

=================

設備改善への取り組み

=================

新設備は投資費用が

大きく固定費増を招く!!

新製品の生産に伴う

増設費用は安くありません。

なぜだかわかりますか?

それは・・・

初期トラブルが多い

からです!

永年使用の設備を

改善した方が良い

時もあります!

生産性を高めるには、

設備の計画から

廃棄に至るまでの

ライフサイクルに

おける

総合的な活動が

必要という事です。

設備改善には次の

3つがあります。

1.新製品登場や

ライフサイクルに

よる新設・更新

設備や機械の故障を

より少なくして

災害に繋がらない

よう努力が必要

2.旧来設備の改良

加工時間やメンテ時間の短縮。

省エネで電力費削減。

3. 機械設備を常に

最良のコンディションに

しておく。

オペレーターによる

日常点検、保全による

定期点検を確実に行う!

いかがでしたか?

設備改善の取り組みは、

一部門で全て行うのは

不可能に近いと思います。

各部門で設計・製造・

設備管理・・・

各所担当し、一連の

活動を行う必要がある

のではないでしょうか?

|ω・) チラッ

次回は

『品質問題の未然防止、

流出防止(その1)』

について解説して

いきますね。

お楽しみに(^^)/

+━++━++━++━++━++━++━+

商品を産み出す構造を

常に今のあるべき姿にするユニオン

ものづくりで培った

経験とノウハウを活かし

現場と一緒に進める

“業務改善コンサルティング”

中小企業・小規模事業者の経営課題を

経営者と共に解決にあたり

業務改善で経営改善を成功に導く

『認定経営革新等支援機関 ユニオン電子工業』

HPはこちら

http://www.union-group.co.jp/

Facebookページでも情報発信中

https://www.facebook.com/iDealForm.union

+━++━++━++━++━++━++━+