トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  標準作業関連帳票の作成と改善(2017/01/27 13:00)

標準作業関連帳票の作成と改善

2017/01/27 13:00

ポケモンGO

最近の出来事に

トラック運転しながらポケモンGOをし

1人の子供が悲しい事故に巻き込まれました。

ゲームに限らずですが

運転する時は

運転のみに集中!

一時の快楽

一生の後悔

みなさまも気を付けて下さいネ(^^)/

今回のテーマはこれ

==============

標準作業関連帳票の作成と改善

==============

“標準のないところに改善はない!”

この言葉

聞いた事あるでしょうか。

”標準=ものさし”

この、ものさしがないと

正常”なのか“異常”なのかが測れないという事です。

日常でもそうですが、

仕事でもこのような標準

やはり必要不可欠になります。

作業方法、管理方法など

これらに“標準“がないと

改善したけど、効果はどれくらい(?_?)?

せっかく改善するのであれば

これではこまりますよね(>_<)

改善効果を明確にする事が出来る改善ツール

“標準作業の3点セット“

これらを解説していきますね(^^)/

①工程別能力表

工程毎に、機械加工、手作業、検査などの

加工能力を表す帳票

・手作業時間

・機械の自動送り時間

・刃具交換時間

これらを記載して加工能力を算出し

改善の重点となるネック工程、または手作業などを

明確にするもの(ΦωΦ)

②標準作業組合せ票

・作業者の手待ち時間

・タクトタイムオーバー

※タクトタイムとは、

製品1個を〇秒で造らなくてはいけない時間

これらが目で見る事が可能!

どの範囲まで作業可能かを検討ができる優れもの(ΦωΦ)

③標準作業票

作業者毎の作業範囲(人の動き)を図示した帳票

・作業内容

・品質チェック

・安全注意

・標準手持ち

・標準手持ち数

・タクトタイム

などを記入しムダな動きを発見し改善するモノ(ΦωΦ)

現場に掲示する事で

作業者が正しく作業をしているかを

見える化としても利用可能(^^)/

みなさまの職場に、“標準

明確になっていますか~(^^)/

いろんな問題、異常が隠れているかもしれませんよ!

ご連絡いただければ

私たちもお手伝いいたします!(^◇^)

次回は

『 運搬システム 』

を解説していきますね。

お楽しみに(^^)/

配信停止はこちら

[[cancelurl]]

バックナンバーはこちら

http://www.union-group.co.jp/merumaga/

認定経営革新等支援機関の詳細はこちら

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/

年3回まで無料!のミラサポはこちら

http://03auto.biz/clk/archives/jkxjhe.html

+━++━++━++━++━++━++━+

商品を産み出す構造を

常に今のあるべき姿にするユニオン

ものづくりで培った

経験とノウハウを活かし

現場と一緒に進める

“業務改善コンサルティング”

中小企業・小規模事業者の経営課題を

経営者と共に解決にあたり

業務改善で経営改善を成功に導く

『認定経営革新等支援機関 ユニオン電子工業』

HPはこちら

http://www.union-group.co.jp/

Facebookページでも情報発信中

https://www.facebook.com/iDealForm.union

+━++━++━++━++━++━++━+