トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  動作経済の原則(2016/12/16/ 13:00)

動作経済の原則

2016/12/16/ 13:00

いざ京都へ!

年賀状に使う写真を撮る為GO!

大垣⇒京都

高速乗って1時間

車のアイドリングがいつもと違う(゜o゜)

例えるならマフラー改造したような音

ドドドドドドドドド

振動が酷くなりビビりまくった私は

草津で高速を降り

Suzukiのディーラーをナビで検索(ΦωΦ)

土曜日だったので忙しいにも関わらず対応してくださり

なんとか車が復活!が京都は断念(>_<)

原因はイグニッションコイル(変圧器)の老朽化

最近、嫁さんに

「最近マフラーを改造したような音がするの」

「かっこえーやん(-ω-)/笑」

早期発見!早期対応!

大切ですね(*’ω’*)

今回のテーマはこれ

==============

動作経済の原則

==============

動作経済の原則とは

ムダがなく!速く!かつ疲労の少ない作業!

会社にとっても、作業者の方にとっても

目指したい作業動作なのです!(-ω-)/

「動作経済の原則」では

3つのグループ(原則)に分けて

設定されていますので紹介(^^)/

①身体の使用に関する原則

ムダな動作を取り除く

2つ以上の動作を組み合わせたり

②作業域に関する原則

作業者の動作のやりやすい配置、置き方

作業場所はできるだけ狭く

作業位置の高さも最適に

③工具及び設備の設計に関する原則

治工具・機械は「人間の手」「足」「目」「頭脳」の助け

作業や動作を見つけて治具、機械に置き換える

こういった基本の原則の動作を

細か~く分解し最も疲労が少ない!

しか~も経済的な動作に改善していく事が肝要なんです(-ω-)/

冒頭ででました

ムダがなく!速く!かつ疲労の少ない作業!

こんな作業動作に近づける為の法則がこの4つ!

これが改善の為の目のつけどころになります!

まずはこのチェックリストで現場チェック!

そしてこんな流れで改善案から対策まで!

動作経済の原則にかなっていない作業

見つけてみて下さいネ(ΦωΦ)マジマジ

次回は

『 サーブリッッグ分析と要素作業分析 』

を解説していきますね。

お楽しみに(^^)/

配信停止はこちら

[[cancelurl]]

バックナンバーはこちら

http://www.union-group.co.jp/merumaga/

認定経営革新等支援機関の詳細はこちら

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/

年3回まで無料!のミラサポはこちら

http://03auto.biz/clk/archives/jkxjhe.html

+━++━++━++━++━++━++━+

商品を産み出す構造を

常に今のあるべき姿にするユニオン

ものづくりで培った

経験とノウハウを活かし

現場と一緒に進める

“業務改善コンサルティング”

中小企業・小規模事業者の経営課題を

経営者と共に解決にあたり

業務改善で経営改善を成功に導く

『認定経営革新等支援機関 ユニオン電子工業』

HPはこちら

http://www.union-group.co.jp/

Facebookページでも情報発信中

https://www.facebook.com/iDealForm.union

+━++━++━++━++━++━++━+