トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  開発段階で原価目標設定(2016/09/30 13:00)

開発段階で原価目標設定

2016/09/30 13:00

こんにちは(^-^)

この季節は空を見上げると

遠くへ出かけたくなってしまいます。

秋の風と空を想像するだけで

ワクワクしてしまいます(*’ω’*)

◆9月30日は何の日(?_?)◆

交通事故死ゼロを目指す日

日本政府が「生活安心プロジェクト」の一環として

2008年から実施。

4月10日 春の全国交通安全運動

9月30日 秋の全国交通安全運動

2月20日 の年 3回

スマホながら歩き (+_+)

自転車乗りながら (*_*)

車を運転しながら (@_@)

見てて怖いので、見かけたら

近寄らないようにしていますΣ(゚Д゚)

秋の風を感じながらの旅行

無事に帰って来れる様に

気を付けて行ってきます(^◇^)

今回のテーマはこれ

==================

開発段階で原価目標を

 設定する原価企画

==================

商品にとって大切な原価

出来上がってからの設定では

適正な原価が設定できません。

そこで製品開発時点に

原価目標を設定する

『原価企画』で設定していきます。

①設計、企画段階で原価を設定

新製品目標利益、

新製品モデルライフ

市場調査等を

参考に設定します

②原価目標をもとに設計

設計者毎に設定します

③生産技術、購買も参加し原価改善

全社体制で対応していきます

④実験を繰り返し機能・品質をクリアー

つくりやすさ、廉価材料の組込み等

改善していきます

⑤量産前の仕上げ

細かい改善をして仕上げます

※画像クリックで拡大画像が表示されます

目標(原価設定)を明確にして

全員(設計、生産技術、購買、現場)で

つくりあげていくのが

原価企画といえます。

しかしながら、設計段階で

目標達成できるかというと

そういうわけでもありません。

※画像クリックで拡大画像が表示されます

量産前後で目標コスト達成できれば

利益が出る新製品完成となります。

試作段階での達成が出来たら

かなり利益が出る新製品の完成と

なるのではないでしょうか

ポイントとして

企画~試作の段階での

「つくりやすさ」「軽薄短小」

「思い切った原価低減」

これらが重要要素となってきます。

ここに行き着くためにも

自社のコスト把握や

モノのつくり方と原価を

見直す必要があるかもしれません

切るのに忙しくて

刃を研ぐ時間がないという

状況に陥いらないよう

注意してくださいませ

配信停止はこちら

[[cancelurl]]

バックナンバーはこちら

http://www.union-group.co.jp/merumaga/

認定経営革新等支援機関の詳細はこちら

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/

年3回まで無料!のミラサポはこちら

http://03auto.biz/clk/archives/jkxjhe.html

<a href=”http://x5.iaigiri.com/bin/gg?10184630L” target=”_blank”><img src=”http://x5.iaigiri.com/bin/ll?10184630L” border=”0″></a><br><span style=”font-size:9px”><img style=”margin:0;vertical-align:text-bottom;” src=”http://img.shinobi.jp/tadaima/fj.gif” width=”19″ height=”11″> </span>

+━++━++━++━++━++━++━+

商品を産み出す構造を

常に今のあるべき姿にするユニオン

ものづくりで培った

経験とノウハウを活かし

現場と一緒に進める

“業務改善コンサルティング”

中小企業・小規模事業者の経営課題を

経営者と共に解決にあたり

業務改善で経営改善を成功に導く

『認定経営革新等支援機関 ユニオン電子工業』

HPはこちら

http://www.union-group.co.jp/

Facebookページでも情報発信中

https://www.facebook.com/iDealForm.union

+━++━++━++━++━++━++━+