トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  改善対象の選択と手順「はしごをかけ間違えないために」(2016/11/04 13:00)

改善対象の選択と手順「はしごをかけ間違えないために」

2016/11/04 13:00

こんにちは(^-^)

朝夕の寒気が身にしみるころとなりましたが

いかがお過ごしでしょうか。

◆11月4日は何の日(?_?)◆

2008年アメリカ合衆国大統領選挙で

バラク・オバマがアフリカ系アメリカ人初の

アメリカ合衆国大統領に当選

“We can CHANGE – Yes, we can.”

我々は変わる事ができる – そう、できるんだ

福井県小浜市のオバマまんじゅう

こんなのもありました(^◇^)

今回の選挙では

ヒラリー氏?トランプ氏? (@_@)

時流の先読みをして

波に乗ってください。

寒さに向かう季節、

お体に気をつけてお過ごしくださいm(__)m

今回のテーマはこれ

===============

改善対象の選択と手順

===============

簡単にいうと

一番利益に繋がる商品を選んで改善!!

生産量が多い!!

この先の寿命が長い!!

これがキーポイントです(^◇^)

注意しなくてはいけないのは

採算が悪い商品

苦情が多い商品

これらは

『改善するのか』

あるいは打ち切って

『新商品に切り替えるのか』

“慎重な判断”

“思い切った決断“

が必要になってきます。

※画像クリックで拡大画像が表示されます

ではやり方の手順です。

1 パレート図で選ぶ

売上高(又は生産量)の多い順に並べる

2 ライフサイクルの検討

先行きの短い商品を省く

3 問題の整理と検討

急いでいる

検討不足している

ライバル社との競争が激しい

苦情が多い

問題があって値引き要請がある

『改善』or『切替』判断の時です。

現状分析、問題点をどれだけ具体化できるかが

勝負の分かれ目です。

4 目標の設定

『トップニーズを確認』し

コストダウン額、不良率低減などの

年度計画、利益目標と見比べながら

目標を設定します。

ここでも具体化し効果の評価を

していきます。

5 改善の進め方

 “製品改善”

経済性・安全性・品質要素 から評価

提案するかどうかを決定していきます

 “作業改善”

改善案を作成

品質、コスト、納期(QCD)で問題の有無の確認

関係先の協力を得て進めていきます。

実行前の確認が重要になってきます。

はしごをかけ違えていれば

一段ずつ登るごとに

間違った場所に

早く辿り着くだけである

(スティーブン・R・コヴィー)

梯子の先をしっかり見極め

かける梯子を検討、決定し

昇ってください。

次回は

『現状把握と現状分析』

について解説していきますね。

お楽しみに(^^)/

配信停止はこちら

[[cancelurl]]

バックナンバーはこちら

http://www.union-group.co.jp/merumaga/

認定経営革新等支援機関の詳細はこちら

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/

年3回まで無料!のミラサポはこちら

http://03auto.biz/clk/archives/jkxjhe.html

<a href=”//x5.shinobi.jp/bin/gg?10184630R” target=”_blank”><img src=”//x5.shinobi.jp/bin/ll?10184630R” border=”0″></a><br><span style=”font-size:9px”><img style=”margin:0;vertical-align:text-bottom;” src=”//img.shinobi.jp/tadaima/fj.gif” width=”19″ height=”11″> </span>

+━++━++━++━++━++━++━+

商品を産み出す構造を

常に今のあるべき姿にするユニオン

ものづくりで培った

経験とノウハウを活かし

現場と一緒に進める

“業務改善コンサルティング”

中小企業・小規模事業者の経営課題を

経営者と共に解決にあたり

業務改善で経営改善を成功に導く

『認定経営革新等支援機関 ユニオン電子工業』

HPはこちら

http://www.union-group.co.jp/

Facebookページでも情報発信中

https://www.facebook.com/iDealForm.union

+━++━++━++━++━++━++━+