トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  標準作業と安全作業の徹底(2016/07/29 13:00)

標準作業と安全作業の徹底

2016/07/29 13:00

初体験!!

38歳にして初めて

【親知らず】の抜歯したんです!(‘’)


抜歯手順を確認!

①歯ぐきをメスで切って開く(/ω\)

顎の骨が出る!!

③歯を取り除きやすいよう顎の骨を最小限削る!(>_<)

④歯の頭を分割して取る

⑤残った歯根を抜き去る

⑥抜いた穴を掃除

⑦穴の中を洗浄

縫合して抜歯完了!( ゚Д゚)

抜歯手順の確認・・・
抜歯後でよかった~~!!(笑)

抜歯前の方いましたら、ごめんなさい(T_T)

今回のテーマはこれ

==============

標準作業と安全作業の徹底

==============

安全第一!

どんな会社でも同じではないでしょうか(^^)/

安全は企業の根幹に関わる重要な事項になります。

製造現場における災害の多くは

異常処置的な例外作業や準備、

後始末作業の中で発生してしまいます。

ハインリッヒの法則

みなさんはご存知でしょうか。↓↓ 

日常作業中、非定常作業中 

「あぶないツ!!( ゚Д゚)!!!!」

と感じた作業・・・ 

放置してしまった結果、労災発生!! 

というケースは稀ではありません(-ω-)/

今回は、【安全作業を標準作業へ!】

といった内容でお伝えしていきます。

標準作業に従って行う作業の中で

発生しているケガというのは

・不安全行為

・ムリな姿勢で取り扱う

といった【作業のやりにくさ】

などからくるものがほとんどです。

ムリな姿勢での作業は、作業性を大きく妨げます。
それは動作の停滞だけでなく、精神衛生上からも

不安定さを増加させてしまい、不安全行為に繋がってきます。

安全作業を進めるためには

・やりにくい作業

・ムリな作業 
これらの改善を行い、改善した作業を

標準作業票に落とし込み完備する事が、 
労災を発生させない安全活動の1つです。

安全諸活動としては下記の方法などがあります↓↓ 

安全諸活動

作業の要所要所で、指差しチェックによる声出しや、

危険予知トレーニング(KYT)活動などの、

攻めの安全を進める事が効果的ですよ(^◇^)

安全は常に急所!

安全なくして、生産なしです!

ヒヤっとした時は直ぐ対策を!!( `―´)

徹底しましょうね!

次回は

『 納期を守る進捗管理 』

を解説していきますね。

お楽しみに(^^)/


 配信停止はこちら 
http://abaql.biz/brd/24/union-group/mail_cancel.php?cd=029nMdyFSPIBAv

バックナンバーはこちら 
http://www.union-group.co.jp/merumaga/ 

認定経営革新等支援機関の詳細はこちら 
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/ 

年3回まで無料!のミラサポはこちら 
http://abaql.biz/brd/archives/jkxjhe.html 

+━++━++━++━++━++━++━+ 

商品を産み出す構造を 
常に今のあるべき姿にするユニオン 

ものづくりで培った 
経験とノウハウを活かし 
現場と一緒に進める 
“業務改善コンサルティング” 

中小企業・小規模事業者の経営課題を 
経営者と共に解決にあたり 
業務改善で経営改善を成功に導く 

『認定経営革新等支援機関 ユニオン電子工業』 

HPはこちら 
http://www.union-group.co.jp/ 

Facebookページでも情報発信中 
https://www.facebook.com/iDealForm.union 

+━++━++━++━++━++━++━+