トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  問題解決の手順(2016/04/15 13:00)

問題解決の手順

2016/04/15 13:00

こんにちは(^◇^)
拝啓 陽春の候
いかがお過ごしでしょうか。

◆今日は何の日(?_?)◆
4月15日は
ヘリコプターの日
日本航空事業連合会が1986年に制定。
ヘリコプターの原理を考え出した
レオナルド・ダ・ビンチの1452年の誕生日。
ヘリコプターの重要性をPRし、第2の空の足として
認識してもらうことを目的としている。

ヘリコプター高いんじゃないの?((+_+))
ちょいと調べてみました。
様々ですねぇ。

ヘリコプタークルーズ(^◇^)
20分¥11,000 (・_・D フムフム
30分¥14,000 ん~(―_―)
15分¥25,000 オオ―(*´Д`)

場所や会社によって様々ですねぇー(*_*)

何かの記念日や
ここぞという時なんかは
面白いかもしれません(^◇^)

予約の前には
お相手が高所恐怖症かどうかの
確認をお忘れなく(゚Д゚;)
最高の演出のはずが・・・( ;∀;)

満開の花に心も浮き立つ今日このごろ
どうぞご自愛下さいm(_ _)m

今回のテーマはこれ
==========

問題解決の手順

==========

ここで欠かせないのが
QCストーリー
大まかな流れとして

1.テーマの選定
2.状況把握
3.要因解析
4.対策の実施
5.効果の確認
6.今後の課題

この様な流れになっています。

例として次の図をご覧ください

QCストーリー例
※画像クリックで拡大画像が表示されます

図の中にある
パレート図、チェックシート等の事を
『QC7つ道具』といいます。

この他にこんな7つ道具があります。
道具QC7つ
※画像クリックで拡大画像が表示されます

QC7つ道具使いこなしの基本

①種類、特徴の知識を身に付ける
②事実把握⇒データー化⇒判断、行動
③使い方の体得
④QCストーリーに従う
⑤最適の道具を使う
⑥数をこなして慣れる

同じデーターでも使い方次第で
問題が見えたり、見えなかったり
するものです。

何を表現する時はこれといった具合に
繰り返し使ってみてください。

これらのQC7つ道具を活用して
QCストーリーに沿って活動を進めれば
きっと問題解決へ繋がっていきます。

QC7つ道具を使いこなして
問題解決を図ってくださいね(^^)/

次回は
『改善の方向その1』
について解説していきますね。
お楽しみに(^^)/

配信停止はこちら
http://abaql.biz/brd/24/union-group/mail_cancel.php?cd=029nMdyFSPIBAv

バックナンバーはこちら
http://www.union-group.co.jp/merumaga/

年3回まで無料!のミラサポはこちら
http://abaql.biz/brd/archives/jkxjhe.html

+━++━++━++━++━++━++━+

商品を産み出す構造を
常に今のあるべき姿にするユニオン

ものづくりで培った
経験とノウハウを活かし
現場と一緒に進める
“業務改善コンサルティング”
HPはこちら
http://www.union-group.co.jp/

Facebookページでも情報発信中
https://www.facebook.com/iDealForm.union

+━++━++━++━++━++━++━+