トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  アイデアの発想その2 (2016/04/01 13:00)

アイデアの発想その2 

2016/04/01 13:00

沖縄に人魚!?
美ら海破壊に警告か?

こんな記事を見つけました!!

新種の海生哺乳類か、それとも人魚?

沖縄本島北部の沿岸で、上半身が人間のように
見える海中生物の目撃が相次いでいるんだそうです!

xsoeBmvkScpsn51jc6wzNd1Q_500

周辺では天然記念物ジュゴンなどの生息
確認されている。 え~~ (-_-;)

沖縄県名護市辺野古は、
米軍普天間飛行場の移設予定地。

専門家は「新種の生物かどうか、
早急に調査すべきだ」と指摘。

政府が目指す移設スケジュールへの
影響は必至だ。って

マ、マジですか!?・・・

よくよく記事を読むと、
今日はエイプリルフール!?

ってどんだけ~ 
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

今回のテーマはこれ
=============
アイデア発想 その2
=============

突然ですがより多くのアイデアを出すために、
皆さんはどの様な事をされていますか?

例えば、ゴルフの世界なら100きるには
どうしたらよい?
という事でやっぱりその道のプロ
呼ばれる様な人のコーチを受けるとか、
周りで自分よりうまい人とラウンドして
その人のテクニックを真似するとか・・・

しますよね。

しかし、周りにいつもその道のプロがいるとは
限りませんし、仕事が出来る人がいつもよい
アイデアを出せるわけではありません。

そこで、より多くのアイデアを出すために
集団の知恵を生かしたり、頭のサビを落とすことが
必要です!今日は、ブレーンストーミング法
カード瞑想法について説明しますね。

1.ブレーンストーミング法

ブレーンストーミング法(略してBS)は、
ある1つの問題について何人かの人が集まり、
集団の知恵を生かし、アイデアの連鎖反応
巻き起こして、自由奔放にアイデアを
出そうとする方法です。

一般に集団で考えると、1人で考えるよりも
はるかに多くのアイデアが出せます!

理由は、連想による相互刺激作用が働くためです。
普通の会議とは違い、次の原則でなっています。

原則1.良い、悪いの判断はしない(否定しない)
原則2.思いつきですぐ発言(自由奔放に)(^^)/
原則3.多いほどよい
原則4.他人のアイデアを利用して改善

こうした原則で、アイデアが生まれるはずです!
基本的な進め方を図にしました!

無題

会議が終わったら協力してアイデアを
分類整理します。結果を記録表に記入して
実施した場合どうなるか判定結果記入。

積極的に実施に向け、行動していきます。

2.カード瞑想法

とはいえ、ブレーンストーミングは
特定の人に発言が集中しがちです。

メンバーの均等な意見・発言を得るのに
カード利用の瞑想法があります。

これはリーダー合図で改善テーマに対する
解決策に関して、瞑想(2分程度)をして
その間に浮かんだ事柄を手当たり次第、
カードに記入します。

これを5回ほど繰り返し、その後カードに
書かれた有効なアイデアを取り出し
いくというわけです!

いかがでしたか?

皆さんの職場でも、ブレーンストーミングなどを
利用する事で、より多くの意見が出て問題解決の
糸口が見つかるかもしれませんよ!  |ω・) チラッ

次回は、『動作経済の原則』について
解説していきますね。
お楽しみに (^^)/
配信停止はこちら
http://abaql.biz/brd/24/union-group/mail_cancel.php?cd=029nMdyFSPIBAv

バックナンバーはこちら
http://www.union-group.co.jp/merumaga/

年3回まで無料!のミラサポはこちら
http://abaql.biz/brd/archives/jkxjhe.html


+━++━++━++━++━++━++━+

商品を産み出す構造を
常に今のあるべき姿にするユニオン

ものづくりで培った
経験とノウハウを活かし
現場と一緒に進める
“業務改善コンサルティング”
HPはこちら
http://www.union-group.co.jp/

Facebookページでも情報発信中
https://www.facebook.com/iDealForm.union

+━++━++━++━++━++━++━+