トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  <進化4>戻さない置き方で乱れ防止(2015/03/27 13:00)

<進化4>戻さない置き方で乱れ防止

2015/03/27 13:00

前回は、治工具整頓の進化論<進化3> 

『使うなら近くにして』を解説しました。 

今回はこれ 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

<進化4>戻さない置き方で乱れ防止 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

組み立てラインで使用される工具 
電動ドライバーを例に解説していきます 

 

2015.03.27 1


整頓の意識がないと、置き場も決まっていない作業台に、 
ただただ置かれているだけ

これでは作業性も何もありません

 

この場合での作業者の手の動きを追ってみると・・・ 

1.電動ドライバーに手を伸ばす 
2.電動ドライバーをつかむ 
3.電動ドライバーを使用点まで移動する 
4.電動ドライバーを使う 
5.電動ドライバーを元の位置まで移動する 
6.電動ドライバーを放す 
7.手を次の作業点に移動する 
 
この7つの動きが発生します。 

作業台に置き場が決まっていない場合、どうなるでしょうか?? 

そう、手の動きが定まらず、あっちに置き、こっちに置き、 
こっちから取り、あっちから取り、手の動きがバラバラになってしまい 
その都度、作業時間が変わってしまうのです 

例として、電動ドライバー使用作業でお話していますが 
繰り返し使用する道具などは、全てに言える事だと思います。 

このバラつきのある手の動きをSTEP1、2、3でカイゼンしてみましょう。 

STEP1 
電動ドライバーを作業台の上で、定位置に置くために区画を決めます 

STEP2 
作業台の上からバランサーなどを用いて吊るします 
この時点では吊るしているだけですので、ユラユラ振れます  

STEP3 
振れ止めなるものを付けます。 
更に、使用後は手を離せば元の位置に戻る、仕組みを作ります 
更に、電動ドライバーの吊るし位置を、手の近くになるように吊るす 

2015.02.27  2

 
ここまでカイゼンすると 
電動ドライバーを取る、戻す、といった右手の移動距離、移動時間が 
短縮となり、生産性UPへと繋がります(^^)/ 
 
カイゼン例:電動ドライバーを使う・戻すの右手比較表です 
 

 2015.03.27  3


電動ドライバー1つだけを使用する動作を見たら、 
たかだか数秒!と思いますよね 
しかし、ちりも積もれば山となる、ですよ。 
何種類の工具で行われ、何百といった製品を作る為に繰り返されていますから、 
累計時間は軽視できません 

みなさんの職場の作業者は、 
無理なく、ムダなく、右手を動かせていますか? 

近接化(足)→手許化(肩)→手元化(ヒジ) 
足移動より、肩移動。肩移動より、ヒジ移動です。 

今回は、治工具整頓の進化論 
<進化4>戻さない置き方で乱れ防止 
を解説していきました。 

次回は、治工具整頓の進化論 
<進化5>本当にその治工具は必要か 
を解説していきます。 

お楽しみに(^^)/ 
  

配信の解除はこちらhttp://abzjz.biz/brd/24/union-group/mail_cancel.php?cd=[個人識別コード] ※テスト用のため実際には使用できません。 

バックナンバーはこちら 
http://abzjz.biz/brd/archives/waxuzk.html