トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  <進化3>使うなら近くにして!(2015/03/20 13:00)

<進化3>使うなら近くにして!

2015/03/20 13:00

もうすぐ春かな(^◇^) 
  
  
今週は、全国的に日和、いや夏にぶっ飛んだ?!! 
  
というくらいの日がありましたね(^^)/ 
気温25度とか!半袖で過ごされた方いたのではないかと思います。 
  
  
もうパッチを履くのをやめようかと考え中です!(笑) 
  
  
  
  
  
前回は、治工具整頓の進化論<進化2> 
  
『目で確認しやすい置き方』を解説しました。 
  
形跡整頓、ファイルの斜め線、オイルの色別管理 
  
  
みなさんの職場は、できていましたでしょうか?(^^)/ 
  
  
今回はこれ 
  
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
  
<進化3>使うなら近くにして! 
  
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 


タイトルからなんとなぁく分かるように 
  
使うモノは、使う場所の近くに置いてー! 
という事です。 
  
  
治工具置き場が、無管理状態から進化2のレベルまで進むと、 

もっとやりやすくしたい! 

といった気持ち。そう、少しずつ作業性が気になるようになります。 
  
  
目で見て戻し易くなったとしても 
  
  
治工具を使用した後は必ず、元の置き場まで戻しに行かなくてはいけません。 
  
  
  
乱れる原因を考えて見てください。 
  
  
使い終わった後に戻そうと思っても、 
「また同じ場所で使うからなぁ」 
いちいち置き場まで戻しに行くのは面倒とばかりに、 
とりあえず、そのへんに置いてしまうケースが多いのではないでしょうか? 
  
その結果 
・治工具置き場に治工具がなくなる 
・機械の脇にいろんな治工具が散乱 
    
  
ひととおり集中管理で個人持ちの治工具を共有化ができたら 
次は、治工具を使用する機械のそばに置く、といった置き方、管理方法を考えます。 
  
これを、分散管理と呼ばれています。 
  
  
●分散管理をする事のメリット 
集中管理置き場に取りに行ったり、戻しに行ったりといった 
歩行ロスが少なくなります。 
  
  
●分散管理でのPoint 
機械で通常使用する治工具を選抜 
イレギュラーで使用する治工具は省きしょう。 
あれもこれもでは置き場があふれちゃいますので。 
  
  
  
通常使用での治工具の数を絞り込み、必要数のみ置きます。 
置き場はなるべくシンプルにまとめるのが重要です! 
  
  
さらに!ここで終わりません。 
選抜された治工具の面々。 
この中でも使用頻度が高い、使う治工具に 
  
使用頻度の順位を付けていきます! 
 使用頻度(例) 
1位 スパナ 
2位 六角レンチ 
3位 モンキー 
4位 プラスドライバー 
5位 マイナスドライバー 
2015.03.20  1
使用場所に近い箇所から、使用頻度1位、2位、3位、4位、5位・・・ 
といった並べ方をすると、作業動作がさらに効率的にムダが少なくなります。 
  
  
この並びを 治工具のライン化と呼ばれています。 
  
  
  
みなさんの会社にも、治工具が散乱して 
なんともならない等のお悩み、抱えていませんか?!
 
  
今現場に置いてある治工具は全部使用しているのか。 
数は適正なのか。置き場所は適正なのか 
 
まずは、整理 
要らないモノと要るモノを分け、要らないモノは捨てる
 
  
  
雑巾&バケツをもって、治工具置き場の整理を 
やってみましょう。 
現場も気持ちもスッキリしますよ(^^)/
 
  
  
今回は、治工具整頓の進化論 
<進化3>使うなら近くにして! 
を解説していきました。 
  
  
次回は、治工具整頓の進化論 
<進化4>戻さない置き方で乱れ防止 
を解説していきます。 
  
お楽しみに(^^)/ 
  
配信の解除はこちら 
http://04auto.biz/brd/24/union-group/mail_cancel.php?cd=[個人識別コード] ※テスト用のため実際には使用できません。 

バックナンバーはこちら 
http://04auto.biz/brd/archives/waxuzk.html