トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  生産管理板(2015/10/30 13:00)

生産管理板

2015/10/30 13:00

ナガシマ ハロウィン 

2015.10.30①ゾンビ

 

行ってきました!! 

いきなり怖い写真でゴメンナサイ(*^^)vワラ 
本気で怖かったかたは、ホントにゴメンナサイm(_ _)m 

私も生ゾンビは初!! 

仮装って分かってはいるけど 
追われると逃げちゃうもんですね(´-`*)ヒー 

今回のテーマはこれ 
============== 

生産管理板 

============== 

モノつくりをされている会社では 

日々の計画 

って、必ずありますよね(-ω-)/ 

今日は計画多いなァ((+_+)) 

ん!?今日は残業なしでOKやなァ(^^)/ 

生産計画は、毎日のように凸凹している会社が 
多いのではないでしょうか? 

そんな日々の生産状況を 
見える管理をするのが 

生産管理板なんですl(-ω-)/ 

しかし! 
この生産管理板 
その設備の生産能力が分かっていないと 
いけません! 

一般に生産能力を判定する場合 
1日とか、1週間などの単位で合計し 
それが実績として計上される場合が多いようです! 

しかし! 
単に1日分とか、1週間分の合計で 
生産能力を判断することは 
問題を見逃してしまう事になってしまいます(-ω-)/ 

1日の合計というのは 
・始業時のもたつき 
・設備故障時 

などなど 
計画停止まで含んだトータルの数字です。 

どんぶりな生産能力で能力不足と 
判断されてしまっては 
それがそのまま新規増設 

ということになりかねません!( ゚Д゚)゙ロス 

生産管理板は 
・ラインや工程の実績を時間サイクルで把握! 
・異常を早めに発見し処置がとれる! 

そんな道具なんです! 
最終工程に置くのが基本です! 

ポイント! 
・生産計画数対実績数 
その差異が分かるようにすること
 

・時間毎に把握できるようにし 
リアルタイムが望ましい
 

計画と実績の差が大きければ 
そこには、必ず原因が!! 

改善必要点を発見することができるんです(-ω-)/ 

たとえば↓↓↓ 

2015.10.30②作業進度管理表

ラインの能力 
⇒時間当たり 100個 
しかし、実績は90個しか生産できなかったとしても 
阻害要因が機械故障だとわかれば 

なぜ故障したのか! 

その要因をつかみ、再発防止策に結び付けることが 
できますよね(^_-)-☆ 

こんな見える化も↓↓↓ 

2015.10.30③組立日程管理板

まずは、 
計画、実績問題点 

これらが日々の生産管理板で明確に分かれば 
改善への結びつきを図ることができますよォ(^_-)-☆ 

生産管理板を導入されていない会社様はぜひ 
試してみて下さい! 

次回は 
『モノ(材料、製品、治工具)の置き方』 

を解説していきますね。 
お楽しみに(^^)/ 


 配信停止はこちら
http://abaql.biz/brd/24/union-group/mail_cancel.php?cd=02KRHhygBi6Vwi

バックナンバーはこちら
http://abaql.biz/brd/BackNumber.htm?acc=union-group&bid=6

年3回まで無料!のミラサポはこちら
http://abaql.biz/brd/archives/jkxjhe.html

+━++━++━++━++━++━++━+ 

商品を産み出す構造を 
常に今のあるべき姿にするユニオン 

ものづくりで培った 
経験とノウハウを活かし 
現場と一緒に進める 
“業務改善コンサルティング” 
HPはこちら   
http://www.union-group.co.jp/ 

Facebookページでも情報発信中 
https://www.facebook.com/iDealForm.union 

+━++━++━++━++━++━++━+