トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  治工具置き場の進化を見届けよ【前編】(2015/02/27 13:00)

治工具置き場の進化を見届けよ【前編】

2015/02/27 13:00

突然ですが、整頓のポイントを覚えているでしょうか。 


見つける  使う  戻す 


この3つです。 


この『戻す』といった性格を多くもっているものが 


治工具になります 

 

治工具の特徴

治工具や刃具などは、製品と一緒に払い出されるのではなく 
再び寝床に戻ってきます 


この点が、材料や部品などの在庫と大きく異なる点であり、特徴になります。 


 


皆さんの職場は、こんな状態ないでしょうか? 
一週間前、三日前、昨日まではきれいだったのに・・・ 


でも、いつかは置き場が乱れた状態になってしまう・・・ 


治工具類については、整頓の仕組みの中に、 

『戻しやすさ』をもっともっと考慮すれば 


おそらく乱れは半減するはずです。 


もちろん治工具の『使いやすさ』を考えて 
置くことも大切ですが、それと同じくらい 
『戻しやすさ』を考慮する事がポイントになってきます。 


この『戻る』という性格をもった治工具は 
生き物のごとく、置き場を進化させていきます。 


これを『治工具整頓の進化論』と呼ばれています 

 

2015.02.27  2


進化0 整頓の意識なし 
クローズ管理に見られるような、引き出しの中は 
整頓の意識が無い状態 

進化1 グーループ分け 
集中管理や、オープン管理によるグループ分けができた状態 

進化2 目で確認しやすく 
形跡整頓や色別整頓などを用いて目で確認がしやすい状態 

進化3 だいたいの勘で戻す 
戻す際に置き場の狙いの寸法を大きくして、だいたいの勘で戻せる状態 

進化4 勘もイヤだ 
勘もイヤだと言って『戻す』行為をなくし、工具を上から 
吊るした手元化の状態 

進化5 使いたくない 
治工具自体を使いたくないとし、戻す行為そのものをなくす 


これから、進化レベル0~5を解説していきますね(^_-)-☆ 


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

治工具置き場の進化を見届けよ【前編】 

<進化0>表はスッキリ、中はぐちゃぐちゃ 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

あなたの身近にある、クローゼット、キャビネット、ロッカーなどなど、 
開けてみて下さい。 
上記写真の状態になっていませんか! 



表面は平らでスッキリ。中見るとビックリ!! 
机の引き出し。ペンやらクリップ、印鑑、消しゴム、はさみなどなど 
入り乱れていませんか? 


家庭内での例:押入れ 


読んで字のごとく『押す』と『入れる』 

つまり『押し入れる』ですね。 

来客があるとなんでも押し入れ内に押入れて乱れを隠しちゃいます。 


スッキリしたのを見て『これでよし!』とばかりにほっとしますよね。 




このような中が見えないところに、モノをしまい込むことを 


『クローズ管理』と呼ばれています。 

 

2015.02.27  2

 



こんな状態では整頓の基本である、どこに、何が入っているのか、 


見当もつきません。そこにしまい込んだ本人さえも、 


探すといったムダな行為をしてしまいます。 


こういった小さなムダ=ロスが、 
会社にとっても大きなロスになっている事を 
覚えておいてください。 

絵のような場合は、最初に着手するのは、 
治工具の赤札作戦ですね! 
要らないものをまず捨てましょう。 


キャビネットや、引き出しが悪いわけではありません。 

中に何が入っているか、一目でわかればOKです。 


さて、みなさんもパソコンデスクの引き出しを開けてみて下さい。 
クローズ管理していませんか(^^)/ 




今回は、 
<進化0>表はスッキリ、中はぐちゃぐちゃ 
を解説していきました。 


次回は、 
<進化1>グループ別に分けてみよう! 
を解説していきます。 
お楽しみに(^^)/ 


  
配信の解除はこちらhttp://04auto.biz/brd/24/union-group/mail_cancel.php?cd=[個人識別コード] ※テスト用のため実際には使用できません。 
http://04auto.biz/brd/archives/waxuzk.html