トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  整理はここから”赤札作戦”【中編】(2014/12/12 13:00)

整理はここから”赤札作戦”【中編】

2014/12/12 13:00

前回では 

『赤札作戦とは』 
『赤札作戦の対象を決める』 


を解説いたしました。 


今回はその対象品に赤札を貼っていきます。 


私の経験話をここで1つ紹介・・・ 


ある工程の作業者、AさんBさんがいました。 


Aさん『この工具は使っていないから赤札やな』 
Bさん『いやいや、使うしこの工具!』 
Aさん『いやいや、使わないっしょ!』 
Bさん『は?使わないってどんなやり方でやってるの?』 


こんな感じで赤札を貼らないで、結局の所 


その場は貼らないことになってたかな。。。。( ゚Д゚) 


今回、みなさんに解説したい内容は 


+━++━++━++━++━++━++━+ 

赤札を貼る基準は? 

+━++━++━++━++━++━++━+ 


赤札を張る、張らないには、 


やはり『基準』が必要になってきます。 


POINT 
・誰もが同じ立場に立って判断ができ 
抽象的な判断にならない基準 


この基準を曖昧にしたり、 


甘く設定してしまうと、赤札作戦は失敗しちゃうんです。 


一般的には、先1ヶ月や、先1週間といった期間で 


『要るモノ』と『要らないモノ』を区分けをします。 
  
 

     ↑ 
こんな感じですね。 


しかし、業種や業態によって変わってくるとは思いますが 


先1ヶ月からスタートするのが良いと思います。 



+━++━++━++━++━++━++━+ 

赤札を作成しよう 

+━++━++━++━++━++━++━+ 


『赤札対象』と『基準』が決まった! 


では、赤札を作ります。 


とはいっても、なんでもいいと思います!! 


自分の会社にあった『あかふだ』であればよし! 


でも参考までにご紹介しますね! 
  

 

     ↑ 
こんな感じです。インターネットでもあります(^^♪ 


『あかふだ』に挙げる最低限の項目としては 

①区分・・・原材料、仕掛品、設備、治具、金具、備品など 
②品名・・・貼ったモノの品物名、品番など 
③数量・・・品物の数 
④理由・・・在庫であれば不用品、不良品など 
⑤部門・・・管理している担当部門など 
⑥日付け・・・貼った日付け 


 

     ↑ 
貼ったらこんな感じです。 


しかしながら、高価なモノというのは、捨てにくいですよね!(T_T) 



人は、誰しも捨てる時にはこう考えます。 


『もったいない』『いつか使える』 


購入時は、必要だと思うから買うでしょう。 


しかし、実際に使ってみると、いろいろな問題点が発生し 


結局、いつの間にか、使わなくなり、倉庫の隅っこに放置。 


あんなに必要だと思って購入したのに 


気が付くと、ホコリをかぶって数年放置・・・ 


こんな事はどこの職場でもあるのではないでしょうか? 



考えてみて下さい。 


『いつか使う』 


放置されてから、どれ位使っていないでしょうか?・・・ 


今回は赤札作戦の 


『あかふだを貼る基準』と『あかふだ作成』 


について解説しました。 



自宅でやってみるのも、オモシロいかもしれないです(≧▽≦)/ペタ 



では、次回をお楽しみに!  

配信の解除はこちら 
http://04auto.biz/brd/24/union-group/mail_cancel.php?cd=[個人識別コード] ※テスト用のため実際には使用できません。 


バックナンバーはこちら 
http://04auto.biz/brd/archives/waxuzk.html?s=** snoの値 **&u=** uidの値 **
+━++━++━++━++━++━++━+ 

商品を産み出す構造を 
常に今のあるべき姿にするユニオン 


ものづくりで培った 
経験とノウハウを活かし 
現場と一緒に進める 
“業務改善コンサルティング” 
HPはこちら   
http://www.union-group.co.jp/ 


Facebookページでも情報発信中 
https://www.facebook.com/iDealForm.union 

+━++━++━++━++━++━++━+