トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  売れてからつくるカスタマーイン生産(2015/07/31 13:00)

売れてからつくるカスタマーイン生産

2015/07/31 13:00

と言ったら 

2015.07.31①花火

毎年恒例、岐阜の花火大会を観賞してきました(≧▽≦) 
きれいだぁ(*´ω`*) 

運転手だったので、ノンアルコール観賞(>_<) 
来年は飲んで観たい~~((+_+))わら 

今回のテーマはこれ 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

売れてからつくるカスタマーイン生産 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

製造業に限らず企業において、 
永続的に利益を確保していくには、
 

ムダ取りによる原価低減活動を、絶え間なく行っていく必要があります。 

では、ムダとは 
どんなものがあるでしょう(^^)/ 

・在庫であり 
・運搬であり 
・作業そのものであり
 

それぞれが複雑に絡み合って、ムダムダを生み、 
やがては企業経営そのものを圧迫するようになっていきます。 

ムダとは?

モノのつくり方の中で 
いろいろなムダを徹底的に排除し、 
原価低減を図るのに、良いなぁと思う考え方として 

トヨタ生産方式(TPSともいう) 
根本的な考え方があります(^^)/ 

自動車で考えてみますね(^^)/ 

市場の成熟化に伴い、ユーザーの好みは多様化しており、 
製品の種類は激増していますよね(^◇^) 

他方、販売数についてみると、 
消費者の購買意欲はかなり流動的! 

したがって、販売数が一定であるとは限りません(>_<) 

流動的で、しかも非常に多い種類の製品を、 
すべて見込み生産でこなすことは、 
売れ行きと直結していないだけに 
かなり危険といえます(-_-)/~~~ピシー!ピシー! 

車種によっては、在庫ばかりが増えるでしょうし、 
ある車種では逆に品不足ということも生じる可能性も・・・ 

そこで 
受注生産で対応しなければムダは排除できにくい。 
その一方では 
ユーザーからは納期短縮の要望も強くなってきている! 

受注から納入までの期間が長ければ長いほど 
・ムダの発生が多くなる 
・ユーザーの要望に応えられない
 

信頼を失うまでに(>_<) 

受注から納入まで

そこで 
カスタマーイン 

つまり 
受注即生産の体制づくり 

この体制が必要となるのです(^◇^) 

このように 
市場の変化に即応できる強い体質 
つくり上げるとともに、モノをつくる過程で、 
あらゆるムダを徹底的に排除して、原価低減を進めていくんです(^^)/ 

実現させる為の大黒柱 
□ジャスト・イン・タイム 
□自働化
 

2つの太~い!柱があるんです。 

モノづくりの世界で日本市場は日本製が 
一番強い!と言われています(^◇^) 

しか~し! 

体質強化を図り続けなければ 
空洞化してしまい、市場が消えてしまう! 
とも考えられているそうです。
 

絶え間ない活動を、みなさんも続けていきましょうね(^^)/ 

次回は 
太い柱の1つ 
『ジャスト・イン・タイム』 

を解説していきますね。 
お楽しみに(^^)/ 

配信の解除はこちら 
http://abvom.biz/brd/24/union-group/mail_cancel.php?cd=02KRHhygBi6Vwi 

バックナンバーはこちら 
http://abvom.biz/brd/archives/waxuzk.html 

年間3回まで無料!のミラサポはこちら 
http://abvom.biz/brd/archives/jkxjhe.html 


 
+━++━++━++━++━++━++━+

商品を産み出す構造を
常に今のあるべき姿にするユニオン

ものづくりで培った
経験とノウハウを活かし
現場と一緒に進める
“業務改善コンサルティング”
HPはこちら
http://www.union-group.co.jp/

Facebookページでも情報発信中
https://www.facebook.com/iDealForm.union

+━++━++━++━++━++━++━+