トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  ユニオン流! 現場改善の3つの秘訣とは(2014/11/28 13:00)

ユニオン流! 現場改善の3つの秘訣とは

2014/11/28 13:00

みなさん、はじめまして! 
 

来年の2月下旬まで 
「インターンシップ」という形で 
働かせて頂きます、 
新井 宏典です。 

愛知県の中京大学に通う 
大学3年生です! 

今週と来週の記事は 
僕が書かせて頂きます。 
よろしくお願いします! 

その後は、iDeal Formの 
かっこいい大人たちが 
記事を書いていきますので、 
楽しみにしていてくださいね! 


それでは、改善の効果を 
最大限に発揮させるための 
秘訣を書いていきます。 


+━++━++━++━++━++━++━+ 
  
その1 改善は会社全体で行う 

+━++━++━++━++━++━++━+ 


私たちが、 
改善をお手伝いさせて頂く時は必ず 

「会社全体で改善活動に 
取り組んでもらう」
 

ということをお願いしております。 


それはなぜか。 

社長などの管理職の方々が、 
改善は現場の問題だからといって 
現場に丸投げの状態になると、 

現場からは、 

「なぜ自分たちだけ 
やらなくてはいけないのか」
 

という不満が蓄積されていきます。 


最初は少しの溝かもしれませんが、 
次第に大きな溝へと変わり、 
社長の想いが現場に伝わらなくなる 

改善に着手したにも関わらず、 
時間とともに 
改善活動は行われなくなっていく… 


というのは意外とよくある話です。 

現場のモチベーションUPの 
ためにも、会社全体で 
取り組んで行きましょう 


+━++━++━++━++━++━++━+ 
  
その2 5Sは毎日の習慣に 

+━++━++━++━++━++━++━+ 


1週間の汚れを 
まとめて掃除するぞ!o(・ω・´o) 

だと、少し物足りないんですね。 

毎日やってほしいんです! 


5Sは毎日やって習慣になるまで 
やりこんでください。 

習慣にして、仕組みにして、 
それをやるのが当たり前!! 
という風潮をつくりましょう。 



ちなみに、 
清掃に関して1つお伝えしておくと、 


清掃は毎朝5分だけでもいいので 
行ってください。 

5分で掃除ができるのかと 
思ってしまいますが、 


誰が、どのエリアを、 
どのような順番で、 
どのような清掃道具を使って… 


というように、手順を 
《  見える化  》 しておくと、 
5分という時間でも、 
案外キレイになるものですよ! 

 

ちなみに 
清掃が習慣化された 
掃除道具置き場は 
とっても綺麗だったりしますよ! 

是非お試しあれ! 



+━++━++━++━++━++━++━+ 
  
その3 改善活動を途中でやめない 

+━++━++━++━++━++━++━+ 



改善とは 
続けることに意味があります。 


目標として、 
「設備稼働率を10%上げる」 
ということを掲げたとして、 
その目標が達成できたら、 
改善活動は一旦終わり… 

なんてことをしていたら、 
すぐに元通りです。 


10%上げることができたならば、 
次は11%、その次は12%と、 
さらに上を目指しましょう! 

少しでも向上させる 
という意識があれば、 
現場のいたるところから、 

工具を使いやすく置きたいとか、 
ここのラインの停止ロスを 
なくせないか、というような 
意見が出てくると思います。 


また、改善を常に意識することで、 
現場に改善体質が身につき、 
生産性、品質の向上を 
常に目指せるようになります! 



今回はここまで! 

今日お話しさせて頂いた、 
3つのことを頭に入れながら、 
現場改善を行ってみてください! 


  配信の解除はこちらhttp://04auto.biz/brd/24/union-group/mail_cancel.php?cd=[個人識別コード] ※テスト用のため実際には使用できません。
+━++━++━++━++━++━++━+ 

商品を産み出す構造を 
常に今のあるべき姿にするユニオン 


ものづくりで培った 
経験とノウハウを活かし 
現場と一緒に進める 
“業務改善コンサルティング” 
HPはこちら   
http://www.union-group.co.jp/ 


Facebookページでも情報発信中 
https://www.facebook.com/iDealForm.union 

+━++━++━++━++━++━++━+