トップ  ›  メルマガ バックナンバー  ›  より効率的に置き場を整備せよ!(2015/01/23 13:00)

より効率的に置き場を整備せよ!

2015/01/23 13:00

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

より効率置き場を整備せよ!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

自分たちが使っている『棚』

そう、今、目視で確認したそこの棚です。

パッと見はどう感じたでしょうか??

・きれい
・きたない
・要るモノだけなっている(整理されている)

私が使用している仕事場の棚はこんな感じです

まだまだですね・・・笑

さて、みなさんが通うスーパー、コンビニなど

商品はこのような感じで並べられていますよね。

スーパー行く目は、もちろん欲しいモノを求め、

写真のよう当たり前のよう並んでいる商品を

取り、購入をします。

視点を変えて見てみて下さい。

あなたがこの写真のよう、商品を並べる側です。

あなたなら、どう考え商品を並べるでしょうか?

商品を棚へ置く目⇒消費者買ってもらう為

■消費者対してどんな並べ方が良いのか?

・見つけやすく置く
・取り出し易く置くなど・・・

■商品を管理しやすい並べ方は?

・賞味期限の古いモノを先頭する
・種類別分けて置くなど・・・

職場で、赤札作戦を実施すると、

もちろん要らないモノが撤去されます。

たとえば、棚あったモノが一部撤去された場合

歯抜けの空間(スペース)ができます。

こんな感じで

前回、棚への保管『ストライクゾーン』のお話の中

ABCゾーンを解説しましたが

上の絵図のよう高さ制限(上下)をした棚保管をすると

こんなメリットが生まれます!!

・職場の視界が良くなる!
・棚下の掃除も楽なる!
・保管数が増える事も!

また、スーパーのお話をしましたが、

工場のなかでのよく使われている

『3つの置き方』を紹介します。

■先入れ先出し(FIFO)
手前から在庫を入れ取り出し口から取る。
先入れ先出しの仕組み。

■機能別方式
発注や納入が集中管理できる。
個別生産向いています。

■製品別方式(ライン化)
製品を作る為の材料・部品が集めやすくなります。
生産頻度が高い繰り返し品の生産ではムダが最小なります。

こんな感じです

あなたの職場の棚、製品置き場

ムダなく、上手つかえているでしょうか?(^_-)-☆

これらの方法が使えそうなら
使ってみて下さいネ!

今回は
より効率置き場を整備せよ!』ついて解説していきました。

次回は
『置き場を極める「3」の秘密』を解説しますので
おたのしみ(^_-)-☆

配信の解除はこちらhttp://abvom.biz/brd/24/union-group/mail_cancel.php?cd=03yjCbgMy50Yo2